インテリアとお部屋の雰囲気

お部屋の雰囲気はインテリア次第で大きく変わるものです。自分だけでなく家族全員が暖かい雰囲気でゆったりと落ち着ける空間をつくるのが理想的なインテリアといえるでしょう。

インテリアの色は2〜3色程度に絞るとお部屋全体に統一感がでてきます。同系色のグラデーションを使用すると全体のインテリアにまとまりをもたせる事ができます。
タグ:インテリア

アンティーク家具

家具が好きな人は、一つの家具を選ぶのに、たくさんの時間を掛けます。だから、家具にこだわりのある人の家に行くと、部屋に入ってすぐに、その人がどんな考えをもって暮らしているのかが伝わってくるような気がします。アンティーク家具には、歴史の背景といった要素も加わり、こだわりの奥行きがさらに深くなります。

家具が好きな人に、アンティーク家具が根強い人気なのには理由があります。新しい家具とは違い、歴史や持ち主特有の背景などの、知的好奇心を刺激する要素が、アンティーク家具にあるのがその理由の一つです。所有し使うだけではなく、その家具をきっかけに、知る楽しみも得られるのが、アンティーク家具の魅力のようです。

アンティーク家具には、環境に優しいという側面もあります。それは、アンティーク家具の背景に、古くなっても使えるものを、きちんと修繕しながら大切にしていくという思想があるからです。きちんとした良い家具を、何年も使い続けるというのは、有限な材料を大事にするという環境への配慮が見られます。

家具の購入を検討されているのであれば、アンティーク家具を選ぶという選択があることを忘れないでください。アンティーク家具にはその独特の歴史や、古いもの特有の味わいだけではなく、古くから伝わるものを評価し、大切に守っていくという精神にも触れることができます。

大型家具店イケアについて

イケア(IKEA)とは、北欧はスウェーデンの大型家具店です。なんといってもイケアの魅力は、北欧家具。そして値段。また、色んなサービスが用意されていて、日本国内でも大人気の大型家具店です。まだまだ日本での店舗は増える予定のようなので、近くにお店が出来たら、ぜひ、家族で足を運んでみることをおすすめします。

「イケア」は1974年、イケア・ジャパンを設立しましたが、当時はイケアの主流であった組み立て式家具が日本では受け入れられず、また品質などの問題で顧客離れが発生して1983年に撤退した経緯があり、2006年4月24日にオープンした船橋店は日本再上陸の1号店となるものです。イケア港北(神奈川県横浜市都筑区折本町)が同年9月15日にオープンし、このあとも兵庫県や大阪などに続々出店が予定されています。

イケアでは、商品価格を決めてから開発を始めることで知られています。組み立て式(ノックダウン)を基本とした商品は、配送コストを低く抑えるためにフラットパッケージに梱包される。“キャッシュ&キャリー&ノックダウン方式”により徹底的にコストダウンを図っているのがイケアの特徴です。最大の特徴的は、何と言ってもイケアの買い物方法にあります。ふつう従業員が行う商品の在庫確認や運搬の作業を、お客が自分で行うのです。これによって従業員コストを抑え、家具を安く販売しているのです。

イケアが世界から認められている最大の理由が環境への徹底した対策です。熱帯雨林から伐採した木材を使用せずに、植林による木材を使用しています。イケアは、家具など商品の梱包材料の徹底したリサイクルや二酸化炭素排出の少ない輸送方法など一貫した環境対策に取り組んでいる企業なのです。環境に配慮しているイケアのコンセプトは、“限られた資源を有効に活用すること”です。イケアの家具は、北欧スウェーデンの伝統である自然を大切にするということを守っているのです。イケアの家具を購入するときは、イケアとスウェーデンの精神を取り入れて大切に使いたいですね。

イケアの通販はこちらです

インテリア雑貨について

インテリア雑貨の特徴は、部屋にいるときだけでなく、部屋の外にいるときでも、またふと思い浮かべる瞬間で素敵な気分になれることです。自分がこだわったインテリア雑貨に夢を膨らませると言えます。忙しい社会の中にあって、心の中はインテリア雑貨で夢を見るならそれは、幸せにつながるでしょう。

気軽に部屋の雰囲気を変えるには、カーペットやカーテンがあります。これらもインテリア雑貨になります。季節によって、カーテンの色を変えるのも、お洒落で何か素敵な予感を感じさせます。カーペットは冬だけでなく、夏には清涼感のある色や素材を楽しみたいものです。

インテリアと雑貨のショッピングモールサイトで、新しい商品を探したい場合には、メールマガジンの購読を無料で申し込むことが出来ます。季節に合った新しいインテリアの情報をいち早く入手することが出来ます。また、色々な商品情報をこのサイト一つで入手できるのは魅力です。

その昔インテリアと言う言葉がまだ公になかった時代には、部屋の家具や雑貨類は生涯使うものとして、高い値段で買い求められました。こうしたインテリアの人気は、現在も存在しています。けれどもその一方で、値段は安くてもインテリア雑貨を雰囲気作りに利用する人もいます。

インテリアと家具

都会の中で生活する人にとって、室内空間というのは生活の中で唯一の癒しになります。そうした精神的なケアも含めて家具やインテリアは創造する時代になってきたのです。とにかく機能さえ果たせればそれでいいといった考えを家具やインテリアに求める人はいなくなってきたと言えます。

人が生活する場所には必ず家具があり、インテリアがあります。清潔感溢れる白が好きな人もいますし、心を落ち着かせるために黒一色で部屋の家具やインテリアを統一する人もいるでしょう。言ってみれば、その人のインテリアがその人自身を表すと言えるかもしれません。

部屋のインテリアは、世界各国のいろいろな家具や装飾が取り入れられる時代になりました。日本人のこだわりは、自分の生活の基本であるインテリアに現れているのかもしれません。ヨーロッパ調であったり、アンティーク調であったり、またカントリー調などが自由に取り入れられています。

家具やインテリア用品を取り扱っている店の販売員には、インテリアコーディネーターや、インテリアデザイナーの資格を持っている人がいます。自分の好きな雰囲気で家具やインテリアを選ぶのも大切ですが、部屋の広さや明るさといった条件も含めて専門家に意見を聞くのも一つの方法でしょう。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。